視力回復の方法ナビ - 簡単なトレーニングから手術までTOP > 基礎知識 > 近視と遠視の違い

近視と遠視の違い

 

別の記事で、近視がどういうメカニズムになっているかについて、簡単ですがご紹介しました。

 

ご理解いただけたでしょうか。

そこで今回は、「近視」と「遠視」を比較してしながら、もう少し詳しく説明してみたいと思います。

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

まず、近視は眼球内に入ってきた様々な情報を網膜の手前に結んでしまうことで、遠くを見ることが困難になってしまう症状のことを言います。

 

ちょうど網膜で情報を結んだ時が正常な視力の状態と思っていただければ良いと思います。

 

そうして網膜より後ろ側で結んでしまうと遠視という事になりますが、遠視の場合は近視とは逆になります。

 

簡単に言うと、遠くの物はよく見えますが、近くの物が見えにくいという状態になります。

 

どちらも視力が正常ではないという事ですね。

 

ですが、視力回復の方法はありますよ。

 

ただし、興味深い事があって、子供の頃に遠視であった人は成長と共に正常な視力に近づくということです。

 

それは一体何故なのでしょうか。

 

そもそも眼球というのは、37歳くらいまでは成長していきます。

 

なので、どなたであっても成長と共に近視気味になっていくものなんですね。

 

という事から、子供の頃に遠視なら成長と共に近視気味になることで正常に近づくということになります。

 

もともと一切遠視でなかった人は、より一層近視気味になっていきます。

 

強度の近視になっていくという事ですね。

 

専門家の意見としては、生まれた時から持っている遠視の強さによって、将来どれほどの近視になるかがほとんど決まるという風に言われています。

 

もちろん、遺伝や環境などもありますよ。

 

そちらの意見に比べれば影響は少ないと思います。

 

いずれにしても視力回復は可能です。

 

落胆する必要はありませんよ。

 

基礎知識記事一覧

不自由さについて

視力の良い人に決して理解してもらえないのが、視力が悪いことの不自由さだと思います。これについては、私は視力が良いので分かる気もしますね。例えば、離れたところの文字や...

近視と遠視の違い

別の記事で、近視がどういうメカニズムになっているかについて、簡単ですがご紹介しました。ご理解いただけたでしょうか。そこで今回は、「近視」と「遠視」を比較してしながら...

近視の種類について@

「近視と遠視の違い」という記事を見て、ご理解いただけたでしょうか。なるほどなるほどと思ったことはありましたか?周りを見回してみると遠視より近視の人の方が多いような気...

近視の種類についてA

前回に引き続き、近視の種類についてのご紹介です。近視は分類の仕方によって、次のようにも種類分けすることができます。臨床による分類をした場合には、「病的近視」と「単純...

自分に合ったやり方とは?

現時点で広く知られている視力回復方法について色々とご紹介していますが、あなたに役立つ情報はあったでしょうか。どれか一つでも興味を引くものはありましたか?こちらでご紹...