視力回復の方法ナビ - 簡単なトレーニングから手術までTOP > 基礎知識 > 近視の種類について@

近視の種類について@

 

「近視と遠視の違い」という記事を見て、ご理解いただけたでしょうか。

 

なるほどなるほどと思ったことはありましたか?

周りを見回してみると遠視より近視の人の方が多いような気がしますが、いかがでしょうか。

 

このような事からも、記事の内容がより理解できるのではないでしょうか。

 

遠視の人よりも近視の人の方がずっと多いわけですね。

 

さて、この近視ですが、いくつか種類があるという事をご存知ですか?

 

別の記事でもご説明したと思いますが、「真性近視」と「仮性近視」という分類の他にもあるという事です。

 

それを今回ご紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

とその前に、最初に言っておきます。

 

ほとんどの近視は視力回復の方法があります。

 

なので、あまり心配しないようにして下さいね。

 

ただし、中には視力回復が望めないものもあるのでその辺は知っておいて下さい。

 

※注意:それについては今回はご紹介していません。

 

まず、ごく一般的な近視ですが、これは真性近視にも分類されます。

 

「屈折性近視」と呼ばれることもありますね。

 

角膜または水晶体の曲率が強いことで、焦点が短か過ぎて網膜より前方で焦点を結んでしまうものが真性近視にあたります。

 

あとは「軸性近視」と呼ばれるものもありますが、知っていますか?

 

これは、眼球そのものが通常より前後に長いことで、水晶体と網膜との距離が長過ぎて網膜よりも前の方に像を結んでしまうことでなります。

 

簡単に言うと、眼球が楕円状になっているということですね。

 

※遺伝が原因の近視の大半は、この軸性近視に分類されます。

 

<軸性近視の特徴について>
特徴としては、眼球が通常よりも前後に引き伸ばされているので、網膜が薄くなっています。

 

そうなると、網膜剥離を起こしやすいという欠点があるので、これについては注意が必要です。

 

もちろん、眼球の形にかかわらず視力回復の方法はあるのでご心配なく!

 

基礎知識記事一覧

不自由さについて

視力の良い人に決して理解してもらえないのが、視力が悪いことの不自由さだと思います。これについては、私は視力が良いので分かる気もしますね。例えば、離れたところの文字や...

近視と遠視の違い

別の記事で、近視がどういうメカニズムになっているかについて、簡単ですがご紹介しました。ご理解いただけたでしょうか。そこで今回は、「近視」と「遠視」を比較してしながら...

近視の種類について@

「近視と遠視の違い」という記事を見て、ご理解いただけたでしょうか。なるほどなるほどと思ったことはありましたか?周りを見回してみると遠視より近視の人の方が多いような気...

近視の種類についてA

前回に引き続き、近視の種類についてのご紹介です。近視は分類の仕方によって、次のようにも種類分けすることができます。臨床による分類をした場合には、「病的近視」と「単純...

自分に合ったやり方とは?

現時点で広く知られている視力回復方法について色々とご紹介していますが、あなたに役立つ情報はあったでしょうか。どれか一つでも興味を引くものはありましたか?こちらでご紹...