視力回復の方法ナビ - 簡単なトレーニングから手術までTOP > 手術とトレーニングについて > フェイキックIOLについて

フェイキックIOLについて

 

今回ご紹介するのは、視力回復方法の一つである「フェイキックIOL」です。

 

これは、レーシックと同じように眼球を手術する方法になります。

そもそも「フェイキックIOL」という名前を聞いたことがありますか?

 

聞いた事があるという人は少ないかもしれませんね。

 

これからその内容を説明しますが、そのような手術がある事を聞いたことがあるという人は多いのではないかと思います。

 

<フェイキックIOLについて>
これは、別名「永久コンタクトレンズ」とも呼ばれています。

 

眼の内部にレンズを挿入する手術のことです。

 

挿入位置によって2種類の方法がありますが、ひとつは角膜、虹彩の間に入れる「前房型」で、もう一つは虹彩と水晶体の間に入れる「後房型」と言われる方法になります。

 

この視力回復方法ですが、レーシックに比べてもまだまだ未完なものだと言わなければなりませんね。

 

しかし、レーシックという手術は強度の近視では出来ないことがあります。

 

レーシックは角膜を削って屈折率を変える手術になるので、強度の近視である程たくさん削らなくてはいけないことになりますよね。

 

と言っても、削ることが可能な限界というものがあります。

 

それに比べてこのフェイキックIOLの場合は、角膜の厚さや近視の強度などが一切関係ないので、どんな方でも手術は可能になります。

 

ちなみに、「角膜と虹彩の間に入れる前房型」の場合では、レンズが角膜に近い位置にあるので、角膜に障害をきたす可能性があります。

 

これがデメリットですね。

 

そして、「虹彩と水晶体の間に入れる後房型」の場合は、角膜からは離れているために水晶体に近いので白内障になる可能性があり、これがデメリットになります。

 

レーシックが無理であった人には向いている手術ですが、しっかりと医師の説明を聞いてから行なうようにして下さいね。

 

手術とトレーニングについて記事一覧

フェイキックIOLについて

今回ご紹介するのは、視力回復方法の一つである「フェイキックIOL」です。これは、レーシックと同じように眼球を手術する方法になります。そもそも「フェイキックIOL」と...

その他の手術について

現在の視力回復手術には、一言に「手術」と言っても色々な方法があります。そんな中で、何と言ってもレーシックが主流となっています。ですが、実は視力回復の為の手術は他にも...

トレーニング法について@

視力を回復する方法は色々とあります。その中で、道具も使用せず手術のように眼球にレーザーを使用したり、メスを入れることもなく100%安全に視力回復できる方法があります。 ...

トレーニング法についてA

前回に引き続き、こちらでも視力回復の方法としてトレーニングについてご紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。トレーニングと言うのは、視力を回復したい訳だから当然、眼球のトレ...

トレーニング法についてB

自分が近視だということが発覚して間もない場合は、眼鏡やコンタクトレンズをすることさえショックだと思います。もちろんそんな人の中には、眼鏡をかけられることを喜ぶ人もいるようで...