視力回復の方法ナビ - 簡単なトレーニングから手術までTOP > 手術とトレーニングについて > その他の手術について

その他の手術について

 

現在の視力回復手術には、一言に「手術」と言っても色々な方法があります。

 

そんな中で、何と言ってもレーシックが主流となっています。

ですが、実は視力回復の為の手術は他にもあることをご存知ですか?

 

あなたは、何か知っていますか?

 

もっとも古くから行われている手術として、「RK手術」という方法がありますがご存知ですか?

 

これは、ロシアで開発された手術になります。

 

ダイヤモンドメスを使用して、角膜に放射状に切れ目を入れる方法になります。

 

これには結構長い歴史があるので、手術例も多く安心ですね。

 

現在のRK手術では、この初期のRK手術に改良を加えたものがあります。

 

それが「アメリカ式の方法」と言うんですが、ご存知でしょうか。

 

この手術については、軽度の近視の人に向けたものになります。

 

強度の近視の人には、視力回復が難しいというデメリットがありますね。

 

また、続いてご紹介するのは「PRK手術」という方法もあります。

 

こちらは、レーシックにとてもよく似た方法で、違うところを挙げるとするとフラップを作らないことですね。

 

激しい運動などを頻繁に行う人(スポーツ選手など)は、レーシックよりもPRK手術の方が向いていると思います。

 

その方が良いですね。

 

※ただし、この方法にもちょっとした欠点があります。

 

レーシックのように両目を一回で手術することができないために、しばらく期間をおいて片方ずつ行うようになるという事です。

 

また、麻酔が切れた後は他の方法に比べて痛みが長く残るというのも欠点ですね。

 

その他にもまだ「ICR手術」という方法があります。

 

これは、角膜の周辺部分にリングを埋め込んで変形させ、視力回復させるという方法になります。

 

こちらもレーシックなどに比べると費用が高価になったり、思ったほど視力が回復しなかったりすることもあります。

 

更には、外傷に対して弱いなどのデメリットもありますね。

 

このように、視力回復の方法は手術だけみてもレーシックだけではないという事です。

 

その辺をお分かりいただけたでしょうか。

 

手術とトレーニングについて記事一覧

フェイキックIOLについて

今回ご紹介するのは、視力回復方法の一つである「フェイキックIOL」です。これは、レーシックと同じように眼球を手術する方法になります。そもそも「フェイキックIOL」と...

その他の手術について

現在の視力回復手術には、一言に「手術」と言っても色々な方法があります。そんな中で、何と言ってもレーシックが主流となっています。ですが、実は視力回復の為の手術は他にも...

トレーニング法について@

視力を回復する方法は色々とあります。その中で、道具も使用せず手術のように眼球にレーザーを使用したり、メスを入れることもなく100%安全に視力回復できる方法があります。 ...

トレーニング法についてA

前回に引き続き、こちらでも視力回復の方法としてトレーニングについてご紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。トレーニングと言うのは、視力を回復したい訳だから当然、眼球のトレ...

トレーニング法についてB

自分が近視だということが発覚して間もない場合は、眼鏡やコンタクトレンズをすることさえショックだと思います。もちろんそんな人の中には、眼鏡をかけられることを喜ぶ人もいるようで...