視力回復の方法ナビ - 簡単なトレーニングから手術までTOP > レーシック手術について > 合併症と後遺症についてA

合併症と後遺症についてA

 

前回に引き続き、レーシックについてのご紹介です。

 

視力回復なら「レーシック」と言われるくらい最近では人気のレーシックですが、多少の「合併症」や「後遺症」はあります。

その辺は知っておいて下さい。

 

十分に注意して下さいね。

 

今のところ、リスクゼロで視力回復する方法はと言うと、眼鏡か目のトレーニング法しかありませんね。

 

この他の方法には、多少なりともリスクが付きまといます。

 

レーシックについても、前回お伝えしたドライアイだけに留まらず、他にもいくつかリスクあります。

 

なので、今回も引き続き説明していくますので参考にしてみて下さい。

 

今回も専門用語が出てきます。

 

「ハロ・グレア」という症状が現れることがあります。

 

近視の人だと分かりやすいかもしれませんね。

 

夜間に外灯、車のライトなど、光るものを見た時に異常にまぶしく感じたり、光が大きく見えたりする症状になります。

 

これは、レーシックにより矯正された部分とそうでない部分から入ってくる光が、乱屈折を起こすために起こる現象になります。

 

この症状が現れやすいタイプの人がいて、暗い所であっても黒目のサイズが大きい人がそれにあたります。

 

※これを「暗所瞳孔径(あんしょどうこうけい)」と言います。

 

ハロ・グレアの症状が出ることで何が困るのかと言うと、夜でも光の多い場所に行くとまぶしく感じてしまいます。

 

さらには、街全体がぼやけて見えるようにもなります。

 

そんな時、特に気をつけたいことがあります。

 

それは、夜に車の運転をする人ですね。

 

ハイビームなどの光が異常にまぶしく感じてしまう事があるようです。

 

しかし、もちろん車の運転が出来なくなるということはなく、暗所瞳孔径は年をとると共に小さくなっていくので、だんだん眩しさが改善されていくと考えられています。

 

レーシック手術について記事一覧

レーシックとは?

あなたは、レーシックについてご存知ですか?こちらでは、最近とても話題になっているレーシックについてご紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。レーシックについては、色...

合併症と後遺症について@

前回に引き続き、視力回復の方法に現在もっとも脚光を浴びているレーシックについてのご紹介です。万能と思える視力回復方法でも、多少のリスクはあります。実際にレーシックを...

合併症と後遺症についてA

前回に引き続き、レーシックについてのご紹介です。視力回復なら「レーシック」と言われるくらい最近では人気のレーシックですが、多少の「合併症」や「後遺症」はあります。そ...

合併症と後遺症についてB

前回に引き続き、レーシックの「合併症」と「後遺症」について説明していくので、参考にしてみて下さい。これまでお伝えしてきた事は、「ドライアイ」や「ハロ・グレア」などですが、そ...

合併症と後遺症についてC

前回に引き続き、レーシックという視力回復方法についてのご紹介です。レーシックは万能のように思えますが、そうではないようですね。色々と「合併症」「後遺症」があるからで...

合併症と後遺症についてD

前回に引き続き、こちらでもレーシックによる「合併症」と「後遺症」についてのご紹介です。「レーシック」という視力回復方法を望んでいる人は、当然その前に検査があります。...

失敗例について@

あなたも含めて多くの人が万能と思っている視力回復方法があります。それはレーシックですね。このレーシックについては、これまでも色々な合併症や後遺症についてお伝えしてき...

失敗例についてA

長々と続いていますが、こちらでも最近話題の視力回復方法であるレーシックについてのご紹介です。より詳しい説明が必要かと思うので、今回も説明していきますね。前回では、レ...